×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウィザードリィ8日記 その12

(12日目)

 壁に地図があるな。緑がアンパニで赤がティーラングだ。

 

 お、これは前に見たことある機械だ。

 

 セキュリティークリアランスってセキュリティーパスのことだったんだな。

 セキュリティーパスを乗せると、機械が少し壊れたけど、すぐに直せたぜ。

 砲撃訓練所のドアが開くらしいが、それってどこだ?

 奥に進むと、扉が開いていた。ここが砲撃訓練所らしいな。

 どうやら射撃が出来るらしい。今は誰もいないな。

 ここは秘密工作をする部屋?セキュリティーパスを刺す機械もないし、どうやって中に入るんだろう?

 

 違う部屋に入ると、スキューバギアが置いてある。ここからも潜れるらしい。

 

 うぉおおおおお。

 水が冷たいぜー!

 この水の通路はドコにつながってんだろう?

 がんばって泳ぐぜ!

 ううううう。暗い、、、、

 怖いなー。変な敵出てこなきゃいいけど。

 うわーー!なんだこいつら!手がいっぱいあるぞ!

 顔も凶暴そのものだ。

 

 魚も襲ってきたー!

 後で焼き魚にして食ってやるー!

 、、、とここまではよかったのだが、どうしても「サメ」が倒せない!しょうがないのでこの道はあきらめてもと来た道を戻ろう。とほほ。

 バルブラックに話しかけるとムークと同盟するために手紙を届けてくれとのこと。これってティーラングでもやったなー。俺達は郵政公社か?(はたまたクロネコヤマトか?)

 

 ああ、手紙を届けるだけだからな。武力は必要ないよ。

 

 

 

 

 はい、これ。

 えーと、俺達ティーラングからも手紙を持ってきたんだけど、覚えてない?忘れた?ああ、そう。

 届けてきたよー。

 

 いやーそれほどでもw

 照れるな〜。

 よし、これでアンパニもムークと同盟関係になったな。

 

 俺達の任務が評価されて、EWAXXにアクセスできるようになったぜ!

 さて、アンパニはどんな情報を持ってるんだろう。

 えーと、まずはログイン名を入れて、

 

 パスワードを入力、、、と。

 

 質問を入力すればいいのか。なんて入れよう?

 

 ジ・アントについて調べてみよう。

 ティーラングの、、、女王!ジ・アントって女(メス?)だったのかー!あのしゃがれた声でメスだとー!酒の飲みすぎか?いやいや、ティーラングだから酒を飲むかどうかはわからないかw

 デスティニードミナを取り扱うにはヘルム オブ セレニティーが必要なのか!それってドコにあるんだ?

 デスティニードミナは精神障害を引き起こす可能性があるのか。かなり危ない代物だな。

 さて、話は飛んで、ブラックボックスを解析すると、遂にダークサヴァントの船の座標がわかったぜ!すぐにジ・アントに知らせにいこう。

 

 これがダークサヴァントの船の座標でございます。ハハー。

 

 OK!どんどん攻撃しちゃってください!もう今までやられた分がっつんがっつんにやっちゃってくださいw

 おお、アンパニにスパイがいるんですか。こりゃー準備がいいですなー。

 

 合言葉は「運命は今夜訪れる」ですね。メモしとこう。

 

 ドラジックは殺されちゃったのか。会えなくて残念だぜ。

 アンパニのスパイって誰だろ?

 Kunar!お前がスパイだったのか!

 ラッチコードを切断して、トランスファー トゥー ベースと制御コードを入力すればいいんだな。

 んん?真相ってなんだ?

 

 Yamir将軍が2年前にIUFを骨抜きにしたのか。(一体何があったんだろう?)それをKunarは根に持ってるのか。

 

 Kunarは本気らしい。彼の意思は曲げられない!

 

 Kunarから偽のセキュリティーパスをもらって、マウントガイガスの上に上ろう。

 

 屋上に上るとミサイルがある!うーん、ドコを狙ってるんだー?やっぱりティーラングの基地?

 

 これがラッチコードだな。外しておこう。

 

 

 で、このパソコンに「トランスファー トゥー ベース」と入力すると、、、

 

 着陸シーケンスが起動。

 

 どかーーーーん!!!

 

 、、、となりそうなのでやめておこう(笑)

 まだアンパニとも仲良くなっておきたいのでw

さて、その後マーティンズバラッフへ戻った俺達だったが、変な偶像に触ったとたんニンニン4が行方不明になってしまった!偶像には「クロックに気をつけろ」という文字が。どうやらクロックが何かを知ってそうだったので俺達はクロックの元に向かった。

 

エルアキ☆によるゲームのススメ トップページプレイ絵日記>ウィザードリィ8日記その12