ウィザードリィ8日記 その11

(11日目)

 さて、途中でこんなものを拾ったぞ。

 どうやらI.U.Fが管理している品らしい。

 さて、これをこの開かなかった扉に使ってみると

 

 開いた!これでマーティンズバラッフの入り口に戻ることが出来るぜ!

 

 さっき来た道を戻って違う道を進んでみると、なんだか変な階段を見付だぞ。これはドコにつながってるんだ?

 

 おっとあぶねぇ!

 ここには罠が張り巡らされている!何か人を寄せ付けたくない理由があるのか?

 壁にスイッチがあるぞ!

 スイッチを押すと何か大きな音がした。どこかの扉が開いたのか?

 先に進むと、ティーラングの機械が置いてある。

 どうやら配線が足りないらしい。

 おっ、ちょうど余ってる配線をもっている(笑)

 これで直しておこう。

 よしよし、これで使えるようになったぞ。

 4つのスイッチを押すみたいだな。

 スイッチを押すことで好きなところにワープできるらしい。さすがティーラング帝国の技術力はすごいな!

 

 これがティーラングの宇宙船とつながっているらしい。

 ティーラングはここから宇宙船にいる仲間をこの惑星にどんどん潜入させているのだろう。数の勝負ではアンパニに負けることはないな。

 ティーラングの技術力はウチュウイチィーーー!

 あー、なんだかすごいねぇ。こりゃかなわんよ。

 奥に行くと注意された。

 ああ、ここがアコとつながってるのか。

 基地の奥に行くとなんだか物々しい雰囲気でティーラング達が並んでいるぞ。奥にいるのはティーラングのお偉いさん?ジ・アントよりもえらそうな場所にいるなw

 

 

 おっと、強そうだ。

 えーと、あなたが指揮官?、、、話しかけても返事してくれネェ。ショボーン。

 後ろにスイッチがあるけど、何のスイッチだろう?

 いちよう右にしてみたけど何も変わらず。謎のスイッチだな。

 違う通路に行くとまたスイッチらしきものを発見。

 壊れてるのかな?

 うわっ!また立ち入り禁止区域だ。

 この先に何があるのか気になるな〜。

 それはそうと、僧侶さんがレザレクションを覚えたぜ!

 これで死んでも大丈夫!、、、、あまり死にたくないけどw

 さて、スワムを越えて、ベイジンに入ろう。

 マーティンはどこにいるんだー?

 ベイジンは小さな小島みたいなところらしい。周りは砂浜で囲まれてるぞ。

 

 お、小屋がある。誰か住んでるのか?。

 

 遠くに火が見える。誰かいますかー?

 

 小屋を調べてみよう。

 扉を開けると

 うわぁーー!半漁人!

 なんか襲ってきたから反撃してやる!うりゃー!

 はあ、はあ。何とか倒せた。

 ここで扉を閉めれば安全に休憩できるな。

 お、宇宙船が不時着しているぞ!

 

 

 こんなところに不時着しているということは、この船もダークサヴァントに落とされたのか?

 俺たちが乗ってきた船よりはダメージがなさそうだ。

 中にブラックボックスを発見!このブラックボックスを解析すれば、ダークサヴァントの船の位置が判明するかもしれない!!

 

 よし、これをあとで解析機の方にもっていこう。

 

 違う小屋を調べると、、、なんだこれ?

 

 スキューバギア。これがあれば水の中も潜っていけそうだ。

 

 おや、この小屋の中には誰かが捕らわれているぞ。

 

 あ、アンパニだ!

 Yamir将軍の文句を言っているな。

 俺たちって二等兵だったの?

 またYamir将軍の文句か。まあ、捕らえられていたのだから文句の一つも言いたくなるわな。

 他のメンバーは海の巨大怪物に食われてしまったらしい。で、残ったあなたが捕らわれたと。散々ですなw

 マウントガイガスまで届けろだって?

 うーん、しょうがないなー。じゃあ、あとでついでに送り届けてあげるよ。

 もう一人捕らわれていたのは女の人だった。こっちから助けるべきだったなw

 誰だって?俺たちはニンニンオールスターズという、宇宙に平和をもたらすために働いている団体だ。(そういうことにしておこう)

 おお、大丈夫か、女の人!

 今にも死にそうだ。

 もうそれ以上しゃべっちゃ駄目だ!聞いているのか女の人!

 まだ名前も知らない女の人ー!

 この人がさっきの宇宙船に乗ってたのか。俺たちの船よりダメージは少なかったのに、何故だー!

 

 オーマイガー!!!女の人が力尽きちゃったじゃないかー!

 だから言ったんだ。それ以上話すなって。

 よし、ここはさっき覚えたレザレクションを使うんだ!

 え、なんだって?F○と同じで、イベントで死んだ人間は生き返らせることができないだってー!? ウオーーー!誰だそんなことを決めたやつは!俺がゆるさねぇ!!

 くーー。いつまでもないてるわけにはいかない。名前も知らない女の人の遺品を調べてみるか。

 ヘラゾイドペンダント。彼女の遺品だ。

 このペンダントに誓って、仇はとってやるぜ! 

 

 こんな旗も残ってた。いつかこの旗をこの星で一番眺めのいい場所にはためかせてやるから、安心して眠るんだ。名前も知らない女の人。

 

 さーてと。サイのオヤジ、、、もとい、グランプ将軍を基地まで送り届けてやるとするか。

 お、Yamir将軍をぶん殴るのか!これは面白いものが見れるかもしれないぜ!

 バルブラックがとぼけたことを言ったのでグランプ将軍は怒り心頭だ!下手なことを言うとグランプ将軍がかみつくぞ!

 バルブラックからレベル5のセキュリティーパスを受け取った。これで将軍に会いにいけるぜ。

 

 

 

 この部屋はセキュリティーがかかっていたのだが、レベル5セキュリティーパスのお陰で中に入れた。いよいよYamir将軍と面会だ。

 

 

 おお、あなたがYamir将軍!

 将軍!グランプ将軍が言いたいことがあるそうです!

 うん、うん、、、、ん???

 あれ、何か違わないか?(笑)

 あーグランプが裏切った!!!やはり上官にはたてつけないか。(残念)

 

 

 

 終了ー。

 グランプ将軍もがんばってくれよ。

 さて新しい任務だ。

 ティーラングの城に侵入する任務か。俺たちなら楽勝だな!?

 ティーラングは母船で繁殖しているのか。

 

 で、基地にある転送装置を壊してこいと。なかなか難しい任務だな。

 

 よし、任せろ!(って、ほんとに壊しはしないけどなw)

 

エルアキ☆によるゲームのススメ トップページプレイ絵日記>ウィザードリィ8日記その11