×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Laputa(ラピュータ)の曲を紹介

このページは音楽にど素人のエルアキが独自に勝手に自己判断でLaputa(ラピュータ)の音楽を評価、紹介しようというページです。いちようファンの端くれですので、熱狂的ファンの人も暖かい目で見てくださいね。m(_ _)m
奈落の底インディーズを代表する曲ですね。この曲からラピュータが始まったようなものです。超ロック。
fallingインディーズで一番好きな曲です。悲しく切ない詩が心に響きます。メロディーも最高です。just falling love!
an eternity僕らの輝ける未来は神様がいたずらに描いたそうです。そんな気がします。収録されているアルバムによってちょっと変わっています。
vertigoこちらがめまいを起こしそうなくらい良い曲です。インディーズでこんな良い曲が作れるなんてすごすぎです。
硝子の肖像これがラピュータの音楽だ!というくらいもっともラピュータらしい音楽ではないでしょうか。メジャーデビューシングルです。
Instead of acheメジャー版悲しく切ないシリーズ。激しくないのにいい曲です。
EVE 〜Last night for you〜メジャー第2弾シングル。ラピュータの最高の曲の一つでしょう。この曲をカラオケで歌ったら、先輩がラピュータにはまりました(笑)シングルとアルバムで微妙に違います。CDTVオープニングテーマ曲にもなりました。
揺れながら・・・最初に聞いたときは衝撃を受けました。中国風?なオープニングで始まります。Virgin cryと並ぶ名曲です。禁断の扉をたたいてから開いてください。
ロゼ〜rose〜ライブでものすごく頭が振れる曲です。当時ノリノリで振ってました。ロ〜ゼェ〜
白昼夢アルバム「麝〜ジャコウ〜香」には名曲が多い。あまり有名な曲じゃないけど、もっと有名になってもいいと思うのだが。
WITH the WINDラピュータのカップリング曲のなかでもっとも有名な曲でしょう。1曲目よりいいです(笑)ラピュータの歴史の中では中期以降この曲が「しめの曲(ラストの曲)」というのが一般的でした。サビの部分で両手を上げて左右に振ります。
Virgin cry久々にシングルで出た良い曲。頭の中で勝手にPVが流れる曲です。非常にメロディアス。
squall後半に出来た曲のわりには、デビュー当時のような曲調で、個人的に好きな曲です。カップリングのみの収録で、なぜか音が小さく録音されてます。失敗したのか?手抜き?(笑)
スパークモンキーごつごつのロックでいいのだが、マリリンマンソンの影響受けすぎじゃねぇ?(笑)
POPular UPrising非常にポップでアップテンポ。ナイトフィーバーではない。サビの部分が印象深い曲です。ポップポップピーポーポップポップラーイジング♪
太陽と蒼い月〜2 Lovers〜流れるようなメロディーがいいです。こういう曲をもっともっと作って欲しかったなー。
深海最初は聞き流してたけど、後から聞いてみるとすごく作りこんでいる感じ。壮大なイメージが湧きます。

EVE 〜Last night for you〜

揺れながら・・・

Virgin cry

硝子の肖像

vertigo

Final

WITH The WIND

Laputa Singles 1996-1999

楽曲ダウンロード

LaputaLaputa『Instead of ache』 LaputaLaputa『falling〜』 LaputaLaputa『眩〜めまい〜暈』 LaputaLaputa『蜉蝣(かげろう)』 LaputaLaputa『絵斑(エマダラ)』 LaputaLaputa『麝〜ジヤコウ〜香』 LaputaLaputa『WITH the WIND』    LaputaLaputa『揺れながら・・・〜Swing Sway Away〜』 LaputaLaputa『翔〜カケラ〜裸』

良いことばかり言っても説得力がないので、やっぱダメ出しもしとかないと。

裂かれて二枚だるー。この曲だるいよー。超スロー。この曲のせいでアルバム「麝〜ジャコウ〜香」がいまいちな感じに。
Tomorrow 眠くなる。超スロー。この頃のカップリング曲は広い心で聞かなければいけない。
Shape突然ラピュータの音作りが変わった!?なんか今までと雰囲気違うんですけどー。カップリングのFinalの方がいいぞ。
silent on knockerShapeにつづいて、またまたなんだ?新しいことに挑戦して失敗した感じ?もっとハードなやつをたのむ!

akiのソロ2ndアルバムの中に収録 PLATONIC




エルアキ☆によるゲームのススメその他>Laputaの曲を紹介